最新情報・レポート

エアコンに関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

エアコンの掃除を年末に向けて自分で行おう!

エアコンの手入れを自分でできれば機能も充分に力を発揮し省エネにも繋がりますし、故障のリスクも減らせます。しかし、エアコンは構造上汚れやカビが発生するので必ず手入れが必要になります。


部屋の高い場所に設置されていますし、電化製品ですからなかなか手入れをするのは難しそうで大変な作業に感じる人も多いでしょう。夏にフル稼働したエアコンの汚れを落とす方法を、女性でもできる方法でご紹介しますので、ぜひお役立てください!



掃除する際に必要な用意するもの


プロのように隅々までスッキリ!とはいかないものの、以下のものを揃えておけば家庭でもしっかりと掃除ができます。


・エアコン洗浄スプレー ・汚れを磨くためのブラシ(毛が柔らかいもの)
・養生テープ
・流れ落ちる汚れを受けるためのビニール(ゴミ袋などでもOK)
・水を入れた霧吹き


高い場所で洗剤を使うので、汚れても問題ない服装、ゴム手袋を着用するなど注意をしましょう。最後に水で流すので汚れて困るようなものがエアコンの周辺においてあるときは移動させておきましょう。


エアコンフィルターの掃除方法

まずはフィルターの掃除です。最近では自動クリーニングの機能がついているエアコンも多いので、案外手入れをしていない人もいようです。蓋を開けてみると思ったより汚れている場合もあるので、一度実際に目で見て確認してみてください。まずは蓋を開けてフィルターを取り外します。普段の掃除ではフィルターをつけたまま掃除機でホコリを吸っておしまいにする人もいると思いますが、せっかくなので取り外しましょう!


 そのまま浴室などで水洗いします。この際に裏側から水をかけるようにすると汚れが目に詰まらずしっかりと流すことができます。汚れがしつこく落としきれないようであれば、食器洗い用の洗剤を使ってスポンジで優しく洗ってください。洗ったあとは軽く拭いて乾かしておきます。これでフィルターの掃除は完了です。


エアコンフィンの掃除方法


次はエアコンのフィンの部分に取り掛かります。フィルターを外すと見えるアルミの部分のことで、冷却フィンもしくは熱交換器と呼ばれています。名前からも想像できるかもしれませんが、この部分で室内機に取り込んだ空気を冷やしたり温めたりするのでカビも発生しやすいパーツです。気合いを入れて臨みましょう!


・カビの取り方

まずは下準備として、流れ出る汚れをキャッチするためにエアコンの下側をビニールと養生テープを使ってしっかりカバーしましょう。水の重みでビニールが落ちてしまうこともあるので、しっかりと固定してください。

ここまでできたら洗浄液をフィンに吹きかけて汚れを浮かしていきます。浮いた汚れをブラシでこすって、汚れがまだ残っているようであれば洗浄液をかけてブラシでこすって…と繰り返していきます。


冷却フィンの下にある送風口の羽の部分も忘れずに掃除をしましょう。ここにもしっかりホコリやカビが付着しています。最後に霧吹きで水をかけて洗剤と汚れを流します。汚れてもいい布で拭いて、液垂れがしなくなったら養生を外します。仕上げに電源を入れて「送風」の機能を使って2時間ほど内部を乾燥させたら完了です!


・カビの予防方法

冷房、暖房などで使用したあと、1~2時間ほど「送風」にしておくとエアコンの内部が乾燥されてカビが繁殖しにくくなります。カビは25℃以上の温度で繁殖しやすくなります。


使用直後だけでなく、エアコンを使用していない時期にもときどき送風の機能で運転しておくとカビ予防ができるので試してみてください。あとは、湿気を溜めこむ原因となるホコリはこまめに掃除をするようにしましょう。


室外機の掃除方法

まずは表側のファンの部分。表面に葉っぱやゴミがついているようであれば取り除く程度でOKです。風が通るように室外機の前にはものを置かないようにしましょう。注意が必要なのは室外機の裏側。ここにも冷却フィンに似たアルミのフィンが見えると思います。ここがホコリやゴミが詰まった状態だとエアコンの効きが弱くなってしまうので、手入れをしましょう。


詰まっている汚れはブラシでこすって掃除機で吸うだけでOKです。壊れやすい部分なので優しく取り扱ってください。水の使用は問題ありませんが、高圧洗浄機などは破損の恐れがあるので使用しないでください。


自分でできない場合はプロに頼ろう


エアコンの手入れをしていて怖いのが、自己責任で行うものなので万が一部品など破損してしまった場合に修理が必要になってしまうことです。電子機器に水をかけたりするわけですから、ご自身でやることにどうしても抵抗がある場合などにはやはりプロの力を借りるのが一番安心です。


またこれまでに掃除の手順を紹介してきましたが、エアコンの構造によってはここに述べた状況と内部が異なっていてよくわからないような場合もあると思います。その場合も無理して自分で解体して破損してしまうことがないように不安なときは無理せずプロに相談しましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか。フィルターの掃除よりさらに一歩踏み込んでやってみると、かなりすっきりと汚れを落とすことができます。よほど気をつけて送風機能で乾燥させたりしている人でないと、夏場のワンシーズン使いきったエアコンはルーバーのところから覗くだけでも目に見えるほど汚れている場合が多いです。


そろそろ暖房としてまたエアコンが活躍し始める季節。その前に年末の大掃除に向けた第一歩として、エアコンの掃除をしてみませんか?


0120-949-255
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7769

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7769

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • いしはら
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • あおき
  • しもの
  • おがわ
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0800-805-7769
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼