最新情報・レポート

エアコンに関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

エアコンが虫やゴキブリの住みかに!内部から駆除して侵入を防ぐ方法

エアコンが虫やゴキブリの住みかに!内部から駆除して侵入を防ぐ方法

 

季節を問わず、部屋の気温を調節するのに大活躍してくれるエアコンから虫やゴキブリが出てきたのを発見してしまった人はいますでしょうか?もしそんな状況を目にした場合、それを放置してはいけません。もしかするとエアコンが虫やゴキブリの侵入経路になっていたり、最悪の場合は住みかになっていたりする可能性があるのです。

 

エアコンから虫が出てくるのを放置していると、気持ちが悪いというだけでなく火災などを引き起こす危険もあります。そこで今回は、虫がどのように配管を上るのか、エアコン内にどうしたら虫繁殖するのかその対策や解決法をお伝えしたいと思います。

 

 

なぜエアコンに虫が入っているの?

室外機のホース類から侵入してくる

エアコンから虫やゴキブリが出てくる場合、室外機のホースから侵入されている可能性があります。このホースはエアコンで発生した結露などを排出するための「ドレンホース」と呼ばれるものなのですが、直径が約14mm~16mmほどあります。 ドレンホースの直径より小さな虫は、ホースをつたって部屋の中に侵入してしまえるのです。

 

エアコンの貫通穴と配管の隙間から侵入してくる

室外機のホース以外にも、エアコンを設置する際に開けた壁の穴から虫が侵入することもあります。エアコンの配管を通すために開けた穴なのですが、配管を通しただけだとどうしても隙間ができてしまいます。その隙間から虫たちが侵入してくるのです。

 

エアコンに虫が発生するのは掃除不足も原因?

エアコンに虫が発生するのは掃除不足も原因?

 

エアコン内部に溜まったカビや菌が虫を呼び寄せる

そもそもどうしてエアコンに虫が侵入してくるのかですが、エアコンの掃除不足が原因の1つとして考えられます。エアコンを長期間掃除せずに放置していると内部にホコリが溜まり、カビなどの菌が繁殖してしまいます。 そして、そのカビなどの菌を食べに虫がその臭いにつられてエアコン内部に侵入してくるのです。

 

エアコン内部で産卵した虫の卵が孵化

エアコン内部は、暗くじめじめしていながらも、基盤の発熱などでほどよい暖かさがあります。そのため侵入した虫の中には、その居心地の良さからエアコン内部を住みかとし、そのまま内部に卵を産み付けることもあります。 その卵がエアコンの内部で孵化した場合、その孵化した虫もエアコン内部を住みかにしてしまいます。

 

エアコンに虫が入るのを防ぐには

ドレンホースをネットや専用キャップなどでふさぐ

エアコンに虫が侵入するのを防ぐために、エアコン内で発生した結露を流しだすドレンホースをネットや専用のキャップでふさいでしまう方法があります。ネットや専用キャップは虫が入らないように先端の隙間が小さくなっています。 それらを付けることで隙間が狭くなり虫が入ってこなくなるのです。

 

これにより、虫などがドレンホースをつたって侵入してくることはありません。ちなみにネットの代わりにストッキングなどで代用する方法もあるようです。注意してほしいのが隙間を完全なくすような形でふさいでしまうと、結露の水がホース内に溜まってきます。

 

そうしてしまうと、最終的に室内機から水があふれ出してしまいます。なので、ドレンホースの先端をぴったりとふさがないようにしてください。

 

パテなどを使ってエアコン周囲の隙間を埋める

エアコンの配管とその配管を通している壁の穴にはどうしても隙間が発生します。その隙間からの虫の侵入を防ぐために、エアコンパテという粘土のようなものを使用して隙間を埋めてしまうことをおすすめします。 このエアコンパテを使って隙間を埋めるにあたって、注意してほしい点が2つあります。

 

1.パテは何年か経つと固くなり隙間が生まれる エアコンパテを埋めた当時は隙間がしっかりと埋まっていますが、何年か経過するとパテが固くなってきて、パテと配管のあいだに隙間が発生してしまいます。こうなると再びその隙間から虫が侵入してくるのです。 もし、隙間ができてきたら新たにエアコンパテを使用して、その隙間を埋めてあげるようにしましょう。そうすれば虫の侵入を防ぐことができます。

 

2.『エアコンパテ』以外のパテを使用しないでください パテにはエアコンパテ以外にもさまざまな種類があります。ですが種類によって用途や性質がバラバラです。そのため、必ずエアコン用パテを使用するようにしてください。エアコン用以外のパテは、すぐに固くなってしまうものも多いので、すぐに隙間が発生する原因になります。

 

エアコンをしっかり掃除する

エアコンに虫が侵入してくる目的は、エアコン内部に発生したカビ菌を食べることです。つまり、エアコン内部にカビ菌が無ければ虫は侵入してきません。そのためにもエアコンの掃除を定期的におこない、エアコンをキレイな状態に保つようにしましょう。

 

しかし、エアコン内部の洗浄というのは個人ではなかなか難しい作業になります。また、既に発生してしまったカビ菌を駆除するのも簡単ではありません。そのため、エアコンの掃除が難しいと感じる場合は業者に依頼することをおすすめします。 また、賃貸物件に設置されているエアコンは既に外から侵入した虫が中で繁殖している可能性もあるため、新築である場合を除き入居したときに、業者依頼して最初に清掃や除菌・消毒をしてもらうことをおすすめします。

 

▼エアコンの虫が原因で火事が発生した例も

エアコンの虫が原因で火事が発生した例も

 

虫がなかなか退治できない場合はプロに相談しよう

エアコンの中に虫が発生し、退治するのが困難な状態になっている場合は、無理せずすみやかに業者に相談しましょう。エアコン内部の虫をそのまま放置していて、エアコン内部から漏電がおこり火災の原因になったという事例もあります。 火災などのトラブルを引き起こす原因にもなりますので、安全のためにも、プロの業者に依頼し、隅々まで洗浄してもらうことをおすすめします。

 

まとめ

エアコン内部に虫が侵入する原因とその予防・対処方法をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?虫やゴキブリはエアコン室内機から伸びているドレンホースをつたってエアコン内部に侵入することが多いです。また、エアコンの配管と壁の隙間から侵入することもあります。

 

そもそも、なぜ虫がホース内や配管と壁の隙間などから侵入してくるかというと、エアコン内部に発生しているカビ菌を食べるために、その臭いにつられてやってきます。カビ菌はエアコン内部にホコリが多いと発生しやすくなります。

 

そのため、エアコンを定期的に洗浄しておきましょう。エアコン内部の虫が原因で漏電を起こし、火災が起きたという事例もあるので危険です。また自分で駆除するのが難しいと感じた場合は、無理をせずすみやかにプロの業者に相談しましょう。隅々までキレイにしてくれますよ。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.00 )
Loading...
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • いしはら
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • あおき
  • しもの
  • おがわ
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼