最新情報・レポート

エアコンに関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

エアコンの寿命?サヨナラの前に修理判断をしてから次へGO!

エアコンの寿命?サヨナラの前に修理判断をしてから次へGO!

 

エアコンに不具合があったとき、もしかして寿命かな?と思うことがあるのではないでようか。そんなエアコンの寿命ですが、実はおよそ10年とされています。しかし使い方や環境にも影響されてしまいます。

 

またエアコンに不具合があった場合、修理に出すのか買い替えたほうがいいのか迷いますよね。そんなかたのためにエアコンの修理や買い替えを選ぶポイント、また長持ちさせる使用方法をご紹介します。

 

エアコンのことをきちんと理解して、大切に使いましょう!

 

 

長いようで短い?エアコンたちの平均寿命は10年!

エアコンの平均寿命はおおよそ10年とされています。長いと思うか短いと思うかは人それぞれです。しかし気をつけなければいけないのが、この平均寿命はエアコンの使い方によって変わるということ。果たしてどんな使い方がエアコンの平均寿命を短くしてしまうのでしょうか?

 

ほこりや汚れの多い場所での使用は注意

エアコンの平均寿命は使い方によって、もっと短くなってしまう場合もあります。それはどういった場合なのでしょうか?

 

気をつけた方がいいのが、ほこりや油などエアコンが汚れやすい場所での使用や、汚れを掃除せずに使い続けるなどした場合です。このような環境でエアコンを使用すると、寿命は短くなってしまうので注意しましょう。

 

新しいエアコンの方が電気代が安い?

寿命を迎えても、まだまだ使えると思っているエアコンも効きが悪くなっていませんか?設定温度も冷房なら低めに、暖房なら高めに設定する必要がでてきます。しかしそれでは電気代が高くなってしまいますよね。

 

最近のエアコンは、省エネなど消費電力を抑えたものも多くなっています。エアコンを買ってから10年が過ぎたら、新しいエアコンで電力を抑えて使用するのもよいかもしれません。

 

まだまだ大丈夫?修理と買い替え、どちらを選択するべきか

まだまだ大丈夫?修理と買い替え、どちらを選択するべきか

 

エアコンが故障してしまったかな?と思ったときに修理に出すか、買い替えるか迷いますよね。ではどちらを選択すべきなのでしょう?

 

部品の最低保有期間が終わると修理できないので注意

エアコンに故障や不具合があり修理を考えている場合には、そのエアコン部品の最低保有期間の間であることを確認してください。

 

この期間中であれば修理に出すことができます。しかしこの期間を過ぎてしまっている場合は、修理に必要な部品がなく修理に出すことはできないので注意しましょう。

 

修理費用が高い

エアコンの修理は症状にもよりますが、不具合が多い場合には修理費用が高額になる恐れがあります。水漏れや室外機が動かなくなってしまった場合の修理費用は、おおよそ6万円から10万円かかることも。これだけ高額な修理費用がかかることになると、買い替えたほうがよいかもしれません。

 

寿命が近い

エアコンの寿命はおおよそ10年ほどです。その使用期限が近いエアコンが故障、もしくは不調な場合は、買い替えたほうがよいでしょう。

 

それは長期で使用しているエアコンを修理に出しても、またすぐに故障してしまい結局買い替える必要性が出てくるからです。それならわざわざ修理代を出して古いエアコンを直すよりも、新しいエアコンに買い替えてそれを長く使ったほうがよいでしょう。

 

エアコンからの「買い替えて!」アピールとは?

エアコンからの「もう買い替えて!」というサインも見逃してはいけません。それはいったいどんなサインなのでしょうか?順番に見ていきましょう。

 

「断末魔の叫び」異音がする

静かだったはずのエアコンから断末魔の叫びが聞こえてきたら、買い替えのサインです。とくに室外機から異音がすると、故障や寿命の可能性があるので買い替えることをおすすめします。

 

「末期のお迎えのサイン」空気が臭い

エアコンの空気が臭い原因は、室内機のカビやほこりにあるかもしれません。エアコンの空気と共に部屋中にカビやほこりが舞い、それを吸い込んでしまうと体にもよくありません。

 

自分で掃除ができるフィルターのカビやほこりが原因の場合、掃除して取り除くことができます。しかし手が届かないエアコンの内部の汚れが原因の場合、取り除くことが難しいので買い替えてきれいなエアコンを使ったほうがよいでしょう。

 

「最期のちから」冷暖房が温まらない

エアコンの買い替えのタイミングとして特に多いのが、冷暖房が効かなくなったときです。場合によっては冷暖房の機能がまったく働かず、エアコンとしての役目を果たさなくなってしまうこともあります。これでは無駄に電気代だけがかかってしまうので、買い替えの時期となるでしょう。

 

「ありがとうの涙」水が漏れる

エアコンの室内機から水が漏れ始めたら、故障のサインかもしれません。水漏れの状態がひどいと、修理費用も高くなってしまうので潔く(いさぎよく)買い替えることをおすすめします。

 

「もうだめだ…」操作ができない

寿命が近いエアコンは操作ができなくなることが多いです。リモコン操作に反応しなくなり、冷暖房の切り替えができなくなってしまっています。エアコンが使用できなくなると部屋の温度を調節することができません。早急にエアコンの買い替えが必要でしょう。

 

買い替えたらぜひ!メンテナンスでエアコン長持ち

買い替えたらぜひ!メンテナンスでエアコン長持ち

 

エアコンを買い替えたら、少しでも長持ちするように定期的なメンテナンスをおこないましょう。エアコンを長持ちさせるためのメンテナンスをご紹介します。

 

定期的にフィルターのほこりを掃除する

室内機は部屋の空気を吸い込むので、フィルターにほこりが溜まりやすくなっています。さらにほこりがついたままエアコンを使ってしまうと、室内機のファンが重くなり、エアコンに負担がかかるため故障に繋がってしまいます。

 

そのため2週間に1回は、フィルターのほこりを拭き取るなどの掃除をするといいでしょう。また特にエアコンをよく使う夏や冬は月に1回はフィルターを取り外し、丸洗いすることをおすすめします。

 

エアコンを使わない季節でも慣らし運転をしてエアコンを動かす

夏や冬はエアコンを使うことが多いと思いますが、比較的過ごしやすい春や秋にはエアコンの出番はめっきり減りますよね。そんなときでも月に1度はエアコンを動かしましょう。そうすることでエアコンの状態を知ることができ、不具合があれば早めに対処することが可能です。

 

プロに任せる

自分でエアコンの掃除をすることも可能ですが、手の届かない場所の汚れがあると掃除にも限界がありますよね。そんなときはプロに任せましょう。エアコンのクリーニングやメンテナンスをしてくれる業者もあり、プロに任せてメンテナンスをおこなうことでエアコンを長持ちさせることにも繋がります。

 

まとめ

エアコンの寿命はおよそ10年とされています。しかし掃除を怠ったり、ほこりの多い場所で使用したりした場合、寿命が短くなってしまうので注意が必要です。

 

またエアコンに不具合があったとき、修理に出したほうがよいのか、買い替えたほうがよいのか迷いますよね。その場合はエアコンの修理費用や寿命を考えましょう。修理費用が高額になる場合や、寿命が近いエアコンの場合は買い替えたほうがよいかもしれません。

 

さらにエアコンからの買い替えサインも見逃してはいけません。エアコンから水が漏れる、異音がするなどの不具合があれば買い替えのタイミングでしょう。

 

またせっかく買い替えたエアコンはメンテナンスをきちんとし、長持ちさせましょう。その際、より長持ちさせるためにも、メンテナンスやクリーニングはプロに任せてみてはどうでしょうか?

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • いしはら
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • あおき
  • しもの
  • おがわ
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼