最新情報・レポート

エアコンに関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

エアコンの室外機カバーをするなら正しい判断知識をつけることが重要

エアコンの室外機カバーをするなら正しい判断知識をつけることが重要

 

エアコンの室外機にカバーをつけると省エネ効果があります。室外機カバーには木製やアルミ製など材質がさまざまです。どれが一番いいのか迷ってしまう場合もあります。カバーを選ぶには、どれくらいの大きさのもので、どんな材質のものを選べばよいのでしょうか。

 

室外機カバーを賢く選ぶポイントとは?また、室内カバーがつけられない場合も大丈夫です。あるものを使うことで室外機カバー同様の省エネ対策をすることができます。このコラムでは、省エネ対策に役立つエアコンの室外機カバーについてご紹介します。

 

 

エアコンの室外機カバーは必要なの?

エアコンの室外機にカバーをつけている家を、みたことがある方も多いのではないでしょうか。エアコンの室外機にカバーをつけるのは、見た目がおしゃれになるからだけではなく、省エネ効果があるのです。

 

エアコンの室外機カバーをつけるメリット

室外機カバーをつけるメリットのひとつに、節電効果があります。室外機カバーをつけることで、「省エネ」することができます。その理由には室外機の設置場所が直射日光があたってしまうと、室外機自体が高温になってしまうのです。

 

特に夏の暑い日の室外機は、地面からの反射熱と太陽からの熱によってかなり高温となります。その結果、エアコンは、室外機の熱を下げるために電力を使ってしまいます。つまり室外機に直射日光があたることで、余分に電気を使用してしまうのです。

 

しかし、室外機にカバーをつけることで、直射日光を遮ることができます。

 

もうひとつのメリットは、見た目がおしゃれになることです。家の外に置かれている室外機は、なんとなく生活感が漂ってしまいがちです。しかし、室外機カバーをつけることでおしゃれな外観に替えることができます。

 

このように室外機のカバーをつけることで冷房時・暖房時の節電ができるだけでなく、おしゃれな家に変化することができるのです。

 

エアコンの室外機カバーをつけるデメリット

しかし室外機カバーをつける場合、メリットばかりではなくデメリットもあります。例えば、室外機の吹き出し口を室外機カバーによって塞いでしまうと、「ショートサーキット」現象が起きてしまいます。

 

ショートサーキット現象とは、室外機が排出した空気を再び吸い込んでしまう状態のことです。この現象が起きることで電気代が高騰してしまうだけでなく、最悪の場合エアコンの運転が停止してしまいます。

 

室外機カバーをつけることで、この現象が発生しやすくなってしまうのです。

 

つける?つけない?どちらがよい?

室外機カバーは、絶対につけなくてはならないものではありません。カバーをつける場合、つけない場合、どちらであってもメリットとデメリットを見極める必要がありそうですね。

 

カバーをつけたくても室外機のある場所によっては、つけられない場合もあります。カバーをつけるか、つけないかは、自身で選択することができるのです。

 

エアコンの室外機カバーは4つのポイントをおさえよう

エアコンの室外機カバーは4つのポイントをおさえよう

 

室外機カバーには、さまざまなデザインのものがあります。いくらデザインがよくても室外機のサイズに合っていなければ、効果がありません。カバーをつける際は、室外機に合ったものを選びましょう。

 

サイズと日差しのあたる向きをチェック

室外機の横と奥行きをはかりましょう。カバーを選ぶ際は、はかったサイズより大きめのものを選ぶようにしましょう。日差しがあたる向きによっては、かなり大きなカバーでないと陰にならない場合があります。

 

そのため室外機に、日差しがどのようにあたっているのかも合わせて確認しましょう。

 

使用目的を明確に

室外機カバーをつける理由について考えてみましょう。見た目をおしゃれにしたいのであれば、好きなデザインで室外機のサイズに合ったものを選べばよいでしょう。

 

しかし、室外機を日差しや積雪から守るという目的であれば、材質や大きさなどを考慮して選ばなければなりません。理由を明確にすることで、選ぶべき室外機カバーがわかるようになります。

 

雨風に強いモノ

室外機カバーの材質には、木製やアルミ製などさまざまなものがあります。室外機カバーは常に雨風に晒されているので、どんなにおしゃれであってもある程度の強度が必要です。

 

価格が安いという理由だけで選んでしまうと、すぐに劣化してしまう場合があります。また強い風で吹き飛んでしまうこともあり危険です。しっかりした材質で雨や風に強いものを選ぶようにしましょう。

 

お手入れのしやすさ

お手入れがしやすいというのも大切なポイントです。室外機カバーによっては、枯れ葉などのゴミが溜まりやすいデザインがあります。ゴミが溜まってしまうと、室外機熱交換機能が低下したり、ファンの回転が悪くなったりしてしまいます。このような状態で使用を続けると故障の原因になってしまうことがあります。

 

そのため室外機カバーを選ぶ際は、お手入れが楽であるかというポイントも忘れずにチェックしましょう。

 

エアコンの室外機カバーはいろいろ種類があります

室外機カバーには、次のような材質や機能を持ったものがあります。室外機カバーを選ぶ際の参考としてご紹介します。

 

材質から選ぶ

材質は、主に木製やアルミ製、スチール製のものが多くあります。それぞれの素材についてご紹介します。

 

木製

室外機カバーで一番多いのが木製です。どんな外見の家であっても馴染むことが人気の理由です。ほとんどの場合、防腐処理された木を使用していますが、長期間屋外に設置していると、腐ってくる場合があります。

 

木製カバーは、ベランダなどの軒下に設置することがおすすめです。雨に濡れる場所に設置する場合は、定期的に防腐剤を塗りなおすといったメンテナンスが必要です。これらのメンテナンスが面倒な場合は、金属製のもので木目調にデザインされたものを選ぶとよいでしょう。

 

アルミ製

アルミは、放熱性がよいことから直射日光の熱がこもることがありません。そのおかげで吹き出し口から出る暑い空気を逃がしやすいといったメリットもあります。とても軽く、サビにも強いといったことがメリットです。

 

スチール製

木製やアルミ製と比べると強度があります。しかしアルミと比べるとサビやすいといった性質もあるため、定期的にサビをとったり、サビ止め塗料を塗るといったメンテナンスが木製と同じように必要です。

 

機能から選ぶ

室外機カバーには、逆ルーバータイプや収納機能がついたものがあります。

 

逆ルーバー式

日差しを防ぐだけでなく、エアコンから出た空気を効率よく逃がせるように上向きにルーバーがついています。ルーバーを上向きにすることで、エアコンから出た熱い空気を上向きに逃がすことにより、吸い込み口から再び吸い込むことがありません。

 

ルーバーが逆向きになっているためゴミや虫が入りにくいというのがメリットです。さらには、この逆ルーバー部分が扉の方に開閉することができ、より空気を吸い込めるようなタイプのものもあります。

 

収納付き

室外機の上部を有効に利用できるよう、棚や扉がついた収納タイプのカバーもあります。カバー上部に棚がついているタイプは、棚に植木鉢を置いたり、オブジェを飾ったりして楽しむことができます。

 

収納付きのものであれば、ガーデニング用品などを収納することができるでしょう。またどの材質であっても、いくつかの色があり、自宅にあったものを選ぶことができます。

 

エアコンの室外機カバーはしたくない!代用となるもの

エアコンの室外機カバーはしたくない!代用となるもの

 

直射日光から室外機を守る方法は、室外機カバーをつけなくても、影を作ることで節電することができます。影を作るには、葦簀(よしず)や日よけターフがおすすめです。しかし葦簀やターフは風が強いときは、吹き飛んでしまう可能性があります。このほかにもグリーンカーテンを設置すると、葦簀やターフと同じ効果があります。

 

まとめ

エアコンの室外機カバーには、省エネ効果があります。室外機は、直射日光や反射熱により高温になってしまうのです。その熱を下げるために、エアコンの電気を使用してしまいます。また積雪の多い地域では、雪が吹き出し口・吸い込み口を塞いでしまうこともあります。

 

吹き出し口・吸い込み口を塞いだままエアコンを使用していると、暖房が止まってしまいこともあります。室外機カバーをつけることで、室外機が高温になったり雪で塞いでしまうことを防ぐことができます。

 

室外機カバーは、絶対につけなくてはいけないというわけではなく、葦簀や日よけターフを使用することで代用することが可能です。

 

室外機カバーの中でも木製のものは、一番多く使用されています。しかし長く使う場合は、定期的に防腐剤を塗るなどのメンテナンスをする必要があります。アルミ製は、放熱性もよくサビにも強いためお手入れが楽でしょう。スチール製は丈夫ですが、サビてしまうことがあります。それぞれの材質の特徴をきちんと把握して選択しましょう。

 

カバーを選ぶときは、必ず室外機のサイズをはかり大きめのものを選びましょう。

 

もし、使用中に室外機が回らない、いつもと違う音がするなどというときは、すぐに信頼できる業者に依頼しましょう。業者に依頼する際は、必ず見積りをもらうようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ〜ン
CM配信中!

私たちが24時間365日サポートいたします

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • みずさわ
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼