最新情報・レポート

エアコンに関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

エアコンの室外機の掃除方法とは?自分でできるポイントもご紹介!

エアコンの室外機の掃除方法とは?自分でできるポイントもご紹介!

生活するうえで、エアコンは私たちにとってなくてはならないものです。近年、全国各地で記録的な猛暑や積雪がニュースとなり、時期によっては一日中エアコンを使っているという方も多いでしょう。

エアコンをフル稼働で使っていると当然汚れがつきますが、定期的に掃除をしていますか?汚れがつくとカビや異臭の原因にもなるため、エアコンのフィルターは掃除するという方もいるかもしれませんが、じつはそれだけでは不十分なのです。外にあるエアコンの室外機も掃除しなくてはいけません。

今回は、エアコンの室外機を掃除する必要性や掃除する頻度などをご説明していきます。また、室外機の掃除に困ったときにどうすればいいかもお話ししますので、ぜひ最後までご覧ください。

エアコンの室外機の掃除はいつおこなうのがベスト?

時期によっては、エアコンを一日中使用しているお宅やオフィスビルが多いでしょう。しかし、使用頻度が多くなればエアコンは汚れてきます。

では、エアコンの室外機の掃除はいつおこなうとよいのでしょうか。室外機の掃除のタイミングや掃除の頻度についてご説明していきます。

室外機の掃除をする頻度

室外機は、基本的には汚れに強いのでこまめに掃除をする必要はありませんが、頻度として、年に1~2回を目安に定期的に室外機を掃除するとよいでしょう。掃除におすすめの時期は、冷房を使い始める少し前の5月~6月と、暖房を使い始める少し前の10月~11月です。

また掃除するときに、5~6月では冷房仕様に整えていきます。たとえば直射日光があたらないようにすだれを設置するだけでも冷房効率は上がります。反対に、10~11月には日当たりをよくしたり積雪の多い地域では防雪ネットを設置したりしておくとよいです。季節や地域に合わせて、室外機の環境を整えておきましょう。

こんな症状がでたら掃除をしよう!

台風が過ぎたあとなどはゴミがたまりやすく、内部にゴミが入ってしまうと異音がすることもあります。ゴミがたまっているままエアコンを動かしていると、故障の原因になってしまいます。そうならないよう、気づいたときに掃除をおこないましょう。

また、異音を放置していると音が大きくなってしまい、近隣の人たちに迷惑をかけてしまいます。「変な音がするな……」と思ったら、早めに室外機の状態をチェックして掃除をするようにしましょう。

エアコンの室外機の掃除をする前に!注意点を確認しよう

エアコンの室外機の掃除方法とは?自分でできるポイントもご紹介!

エアコンの室外機を自分で掃除する前には、注意しなければいけないことがあります。また、掃除で必要なものもありますのでご紹介します。

掃除で必要なものを準備しよう

エアコンの室外機を掃除する際に必要なものをご紹介します。ほうきとちりとりを用意して、枯れ葉などのゴミや砂ぼこりを取り除きましょう。

金属板(フィン)を掃除するときには、使い古しの歯ブラシを使いましょう。そのほかにも、雑巾や掃除機、割りばしもあるとよいです。また、掃除中は手が汚れますし、手を切ってしまう可能性もあるので軍手も用意しましょう。

取り扱い説明書にそって掃除をする

掃除を始める前には、室外機の取り扱い説明書をしっかり読んでおきましょう。なぜかといいますと、機種やメーカーによって取り扱うときの注意点が違うからです。また、掃除をしている途中で壊してしまう恐れがあります。取り扱い説明書をしっかり読み、説明書にそって安全に作業しましょう。

電源プラグを抜いて掃除しよう

掃除をする前に、必ずやらなくてはいけないことがあります。それは、電源プラグを抜くことです。電源プラグを抜き忘れてしまうと、誤作動を起こし室外機が動いてしまう恐れがあり、大けがをする危険性があります。

そのために掃除を始める前には、電源プラグを抜いてから作業しましょう。また、電源プラグを抜いたあとすぐ始めるのではなく、5分ほど置いて完全に停止するのを待ってから始めるとよいです。

室外機の近くにある障害物をどかす

室外機の近くにものがあると、室外機から排出された熱を逃がすことができません。熱が逃げられなくなると、運転効率が悪くなってしまうからです。運転効率が悪くなってしまうと、その分使う電力も必要です。

結果、電気代がかかってしまい家計に負担がかかってしまいます。そうならないためにも室外機の周囲はすっきりとさせ、ものがない状態にしましょう。ものを置くのであれば、室外機の周囲約20cm以上離して置くとよいです。

自分でできる!エアコンの室外機の掃除のしかた

エアコンの室外機は自分でも掃除をすることはできます。しかし、どのように掃除をおこなえばいいのかわからないという方もいるでしょう。そのような方のために、室外機の掃除の仕方をご説明していきます。

1.外側の汚れを取り除く

室外機の表面の汚れは、ほうきでざっとほこりを掃きおとして雑巾できれいに拭いていきます。正面の風に吹き出し口になっている部分は網目状になっており、汚れがたたまりやすい場所ですので、使い古しの歯ブラシと掃除機を使って掃除をします。歯ブラシを使って網のゴミをかきだし、そのあとに掃除機で吸い取りましょう。

室外機は雨に濡れることがあるので、水を使用しての掃除でも問題はありません。泥汚れがひどいときには、軽く水で洗い流したあと雑巾で汚れを拭き取る方法がおすすめです。水を使う際には、室外機の下側から水をかけないようにしてください。室外機が故障してしまうおそれがありますので、気をつけましょう。

2.金属板の掃除をする

室外機の裏側や側面にある金属板(フィン)は熱の交換をおこなっています。そのため、ここのすき間に汚れがつまっていると、エアコンの動作効率が悪くなってしまうのです。

ゴミがたまっている場合は、指を使わず歯ブラシや掃除機などで丁寧に掃除をします。フィンはアルミ製で、指で少し押しただけで変形してしまうほど繊細です。少しの変形でしたら問題はありませんが、大きな変形は動作不良を起こす原因となってしまいますので衝撃を加えないようしましょう。

3.水抜き穴のチェックをする

水抜き穴は、室外機の底にあります。水抜き穴は結露した水を排水するためのもので、ここがつまってしまうと室外機の中に水がたまってしまうのです。

また、水抜き穴にはドレンホースというものがつながっていて、この部分がつまることもあります。砂ぼこりなどゴミがつまっていないかを確認して、もしつまっていたら除去しましょう。

4.室外機の周辺を掃除する

室外機の周囲を掃除するのは、室外機と関係がないと思われたかもしれません。じつは、室外機の周囲をきれいにすることには、きちんと意味があります。

室外機の周りにゴミやほこりがあると、室外機が吸い込んでしまいます。それを防ぐために、周りをきれいにする必要があるのです。ゴミなどがたまらないように、ほうきで掃くことをおすすめします。

エアコンの室外機の掃除をしないとこんな影響が…

エアコンの室外機の掃除方法とは?自分でできるポイントもご紹介!

エアコンの室外機は、できるかぎりきれいに保つことが大切です。掃除をせずそのまま放置してしまうとどのような影響があるのでしょうか。掃除しなかったときに起こるおそれの影響をご紹介していきます。

故障しやすくなる

室外機の汚れをそのまま放置した場合、室外機がきちんと動かなくなることがあります。室外機のフィンが汚れで目詰まりしてしまうと、空気の移動を妨げてしまうのです。そのため、室外機に負担をかけてしまい、故障しやすくなります。

電気代がかかる

室外機を掃除しないでいると、故障するだけではなく電気代にも影響します。室外機の汚れがたまることによって、熱交換がうまくできず冷暖房の効果は低くなってしまうのです。設定温度を何度も変更すると電気代もかかってしまうので、設定温度と実際の室温に違和感があれば一度調べることをおすすめします。

騒音につながる

エアコンの室外機の近くをとおると「ブーン」と音がします。うるさいと感じることがなければ、とくに問題はありません。しかし、汚れがたまっていると音が大きくうるさいと感じることもあります。

室外機にゴミがたまっていると騒音となることがあるので、汚れているときは早め掃除しておきましょう。

エアコンの室外機の掃除に困ったらプロに相談を

室外機の掃除は、自分でおこなうこともできますが、きれいに汚れが落ちないという方や面倒だという方も多いでしょう。そんなときは無理せず、室外機の掃除のプロに相談しましょう。

プロに相談するメリット

自分で掃除をしても汚れがなかなか落ちなかったり、掃除が終わったあと試運転してみたときに異常な音がしてしまったりすることもあります。ささいな異常を感じた場合や自分ではむずかしいと感じたときには無理をせず、業者に相談することをおすすめします。

もしかすると、内部部品の故障や配線のずれなど汚れ以外の問題が見つかるかもしれないので、定期的にプロにみてもらうというのもひとつの手なのです。

まとめ

エアコンの室外機の掃除は少し面倒ですし、後回しにしてしまいがちです。しかし、室外機を掃除しないでいると、エアコンの効きが悪くなったり故障の原因になったりしてしまうのです。そうならないためにも、年に2回は掃除することが大切です。ただ掃除をするのではなく、異常がないかなどメンテナンスの意味でも掃除しておくと安心して使うことができますよ。

掃除する際には、扱いに気をつけなければならない部分や安全配慮などもおこなわなくてはなりません。説明書なども確認し、できるかぎり事前準備をしてから気をつけて掃除をおこなうようにしましょう。

「自分で掃除するのは面倒だな」「掃除してみたけど変な音がする……故障かな」こんなときには、業者に相談してみることをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

キャイ〜ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • みずさわ
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼