最新情報・レポート

エアコンに関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

エアコンを手放すには費用がかかる!?4つの処分方法にて徹底解説

エアコンを手放すには費用がかかる!?4つの処分方法にて徹底解説

「引っ越しのためにエアコンを処分したい」、「エアコンを買い替えたいので古いものを処分したい」などとお悩みの方は多いのではないでしょうか。

そのような方のために、このコラムではエアコンの4つの処分方法をご紹介します。また、エアコンを処分するときに粗大ごみでは出せない理由もお教えします。

さらに、エアコンを廃棄するにはどれくらいの費用がかかるのか、それぞれのメリット・デメリットも具体的に説明します。この記事をエアコン処分時のガイドとして活用していただければ幸いです。

エアコンを処分するにはリサイクル料金がかかる

かつてはエアコンも、粗大ごみとして扱い処分することができました。ですが2001年に家電リサイクル法が施行されてからは、廃棄処分せずに回収して分解し、可能なものは再利用するという方法に変わりました。

メーカーは回収したエアコンから部品を再利用し、新たな製品として売り出すのです。このリサイクルの仕組みを家電リサイクル法といいます。リサイクルするためには回収、分解、再利用のそれぞれの作業に費用がかかります。

この費用はエアコンを処分する人が負担しなければなりません。処分方法によって費用は大きく変わりますので以下の4つの処分方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

エアコンの処分方法1【自治体に依頼する】

エアコンの処分方法1【自治体に依頼する】

1つ目は、自治体に処分を依頼する方法です。各自治体によって家電の処分方法は違ってくるため、まずは居住地でのごみの捨て方を各自で確認する必要があります。

取りに来てもらう場合

自治体によっては、処分したい家電を収集してくれるところがあります。まずは対象品目(エアコン)とメーカー名を確認し、自治体に収集の申し込みをしましょう。

収集日が決まったら、事前に収集業者と打ち合わせをしておきます。時間や運び出しの有無、料金の確認が必要です。収集日にエアコンを業者に引き渡し、現金で費用を支払います。

自分で持ちこむ場合

自分でエアコンを持ちこむ場合は、その製品を購入したお店、もしくは各地の一般廃棄物事業協同組合などに連絡し、指定引取場所(一時保管される場所)の確認をしましょう。この場合には運搬料はかかりませんが、リサイクル料金が必要です。

自分で指定引取所に持ちこむ場合、まず郵便局でリサイクル料金を振り込み、指定取引場所を確認します。家電リサイクル券をエアコンに貼り、エアコンを持ちこみます。

運搬料はかからないので費用を安くおさえることはできますが、リサイクル料金の支払いに関しては手間がかかることは避けられないということですね。

家電リサイクル券センターでは、指定引取場所を公開しています。自治体内に指定引取場所がないときは少し足をのばして、近隣の引取場所に持ちこむことも可能です。

処分にかかる費用

取りに来てもらう場合の費用は目安として4,000円前後です。リサイクル料金に運搬料が加算されることになります。リサイクル料金は、エアコンの場合1,000円弱ほどのところが多いです。

運搬料は、各地域の指定引取場所から各メーカーのリサイクル施設までの運搬にかかる費用です。家電製品の種類により値段は違いますが、エアコンだと3,000円前後のところが多くなっています。自分で持ちこむ場合はリサイクル料金のみとなります。

自治体に依頼する場合、職員が自宅まで来て回収してくれるので運搬の必要がなくなります。持ちこむ車がない場合や、重いエアコンを持ち運べない場合にとても便利ですね。

また、その場でリサイクル券を発行してくれるので、事前に郵便局で支払いをする、用紙に必要事項を記入するといった手間が省けるというメリットもあります。

ただし、デメリットもあるので注意しましょう。自治体の回収サービスではエアコンの取り外しはしてくれませんので、自分で取り外すか、取り外しだけを業者に任せる必要があるのです。

取り外しは素人には難しい作業になりますので、業者に依頼するのが無難でしょう。取り外しを業者に依頼する場合、料金は3,000円~8,000円が目安です。どちらが得になるかしっかり確認することが大事ですね。

自治体で処分するときの費用まとめ

取りに来てもらう場合の費用 約4,000円(リサイクル料金、運搬料)

自分で持ちこむ場合の費用 約1,000円(リサイクル料金のみ)

自分で持ちこむが、エアコン取り外しは業者に依頼する場合の費用 約4,000円~9,000円(リサイクル料金、エアコン取り外し料)

エアコンの処分方法2【家電量販店に回収してもらう】

2つ目は、家電量販店に回収してもらう方法です。家電量販店には家電リサイクルの収集義務がありますので、購入した販売店に気兼ねなく依頼することができるのです。リサイクル料金はエアコン引き渡し時に現金で支払います。

処分にかかる費用

家電量販店にエアコン処分を依頼する場合、リサイクル料金は1,000円前後で変わりませんが、運搬料は500円~2,700円となっています。

運搬料に幅があるのは、新しい商品を届ける日と古いものの回収日が別日になる場合や、商品を届ける先と回収先が違う場合など、条件により差があるためです。

エアコンの購入にあわせて古いほうを回収してもらう

新しいエアコンを家電量販店で購入すると、まず間違いなく古いエアコンを取り外してもらえます。店頭での交渉次第では、古いエアコンを無料で回収してもらえる場合もあります。

リサイクル料金や取り外し費用は必要になりますが、回収をサービスしてくれるとしたらメリットは大きいですね。家電量販店にエアコン処分を依頼する場合、取り外し、搬出、指定取引場所までの運搬もすべて請け負ってくれることが最大の利点といえます。

さらに、リサイクル券の購入、記入などの処理も代わりにやってくれるので、購入者は料金を支払うだけで簡単にエアコンを処分できます。ただし、料金はそれなりにかかってしまいます。作業員の出張費もあり、新しいエアコンの代金も加わるので出費が大きくなってしまうでしょう。

家電量販店に回収してもらうときの費用まとめ

約4,000円(リサイクル料金、運搬料、出張費)

エアコンの処分方法3【不用品回収に出す】

エアコンの処分方法3【不用品回収に出す】

3つ目は、不用品回収業者に依頼するという方法です。お住まいの地域で近くの業者を探して依頼することになります。この方法のメリットは手間いらずということですね。

ただし、回収費用の適正な相場が素人にはわかりにくいというデメリットもあります。依頼する業者の候補をひとつだけにしないで複数選び、しっかりと比較・検討することが必要です。

不用品回収業者に依頼する場合の費用は、地域によってもかなり違ってきます。例として、軽トラックで回収する場合は都心で25,000円前後、地方で10,000円前後になります。

不用品回収業者に依頼するときは、家のなかで処分に困っている大型のもの(ソファーや大きな家具など)も一緒に出してしまうといいでしょう。

不用品回収業者に出すときの費用まとめ

大まかな相場として 約10,000円~25,000円(軽トラックの場合)

エアコンの処分方法4【まだ使えるエアコンの場合は買取りに出す】

4つ目は、まだ使えるエアコンを買い取ってもらうという方法です。エアコンの買取りが可能なリサイクルショップで相談してみましょう。製造年数が3年未満のエアコンは、高い値段で買い取ってもらえることもあります。

引っ越し先がエアコン備え付けの物件だった場合など、まだ使えるものはぜひリサイクルショップを利用して現金にしましょう。ただし、エアコンの買取りをしていないリサイクルショップもあるので事前に確認してくださいね。

取り外す際は壊してしまわないように注意!

買取りが可能なリサイクルショップをみつけても、取り外しや運搬に費用がかかることがあります。運搬は自分でできるとしても、エアコンを取り外すのは素人にはとても難しいので業者に依頼することになります。

取り外し費用が買取り価格を上回っては損をしてしまいますので、しっかりと料金の確認をしてから依頼するようにしましょう。

取り外しを請け負ってくれる買取り業者もありますが、専門の業者でないと難しい場合が多いので注意が必要です。まだ使えるエアコンを取り外し工事で壊してしまうことがないように、信頼できる業者に依頼することが大切ですね。

リサイクルショップでエアコンを買取りしてもらうときの費用まとめ

製造年数、買取りショップにより値段に差があるが、取り外し費用と差し引きしてゼロになればお得になる

エアコンの取り外し方がわからないときはプロに相談

ここまで、エアコンを処分する方法を4つご紹介してきました。それぞれを比較して、どこまでの手間をかけられるか、どこまでの費用を出せるかによって、最適だと思われる方法を選ぶといいですね。

「時間がない、自分では手間をかけられない」という方は、家電量販店か不用品回収業者に回収してもらいましょう。

一方で「手間をかけてもいいから、すこしでも費用をおさえたい」という方は、業者に取り外しだけを依頼しましょう。エアコンは自分で運搬して各地域の指定引取場所へ持ちこむ、もしくはリサイクルショップで買い取ってもらうのがいいでしょう。

取り外しを依頼する業者を選ぶときは、エアコン110番にぜひご相談ください。確かな技術で取り外し作業をおこなってくれる業者を紹介いたします。

まとめ

この記事では、エアコンを処分したい人に向けて4つの処分方法を紹介してきました。また、家電リサイクル法の施行によってエアコンは粗大ごみとして処分できなくなり、リサイクル料金が発生するようになったことも知っておきましょう。

処分方法によってどれくらい費用に差が出るのか、それぞれのメリット・デメリットについても説明しています。処分を考えるうえで、ぜひ参考にしていただけたらと思います。エアコンの処分についてなにかすこしでも悩むことがあれば、ぜひ弊社にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

キャイ〜ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • みずさわ
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼