エアコンのクリーニングの効果はある?時期やメリットは?

エアコンのクリーニングの効果はある?時期やメリットは?

 

今設置されているエアコン、購入してからエアコンクリーニングをしたことはあるでしょうか?

 

エアコンクリーニングは、エアコンが効率的に働くためにも、人が健康に生活するためにも大切な作業です。「面倒だな」と感じて怠っている方もいるかもしれませんが、メリットはたくさんあるのです。

 

エアコンクリーニングは、自力でもできるのでしょうか?フィルターなど手軽な掃除は自分でもできますが、内部の奥深い部品も掃除しようとなると、故障などのリスクもあり悩みどころです。

 

今回は、エアコンクリーニングの必要性について解説します。業者か自分かという選択や、クリーニングするタイミングについてもご説明していきます。

 

 

 

 

エアコンのクリーニングは効果ある?メリットは?

エアコンクリーニングの効果はどれほどあるのでしょうか?ここではさまざまなメリットをご紹介します。

 

「最近エアコンの効きが悪い気がする」「カビ臭いニオイどうにかならないかな……」と考えている方に、嬉しい効果が期待できますよ。

 

プロに依頼をすると手が届かなかったところもピカピカになる

クリーニングのよいところはなんといっても、エアコンが中まできれいになるところです。エアコンから出てくる空気がきれいになると、気持ちもすがすがしくなります。

 

エアコンを掃除したことがある方、どのような掃除をしましたか?一般家庭でできる掃除といえば、フィルターの洗浄やエアコン表面の拭き掃除などに限られてしまいます。

 

しかし、業者に依頼するともっと高度な掃除が可能です。エアコンのプロは高圧洗浄機や専用の洗剤を使って、奥に詰まった汚れまで洗い出します。クリーニングの際、ごっそり汚れが落ちてもお部屋が汚れないよう、きちんと養生をするので安心です。エアコンクリーニングの効果を最大値で実感したいなら、やはり業者への依頼がおすすめです。

 

カビなどが劇的に改善される!

クリーニングではカビが除去できます。エアコンの内部は稼働中とても暖かく湿っており、ホコリも溜まっているので、カビにとって格好の住処です。そのため、長らく掃除をしていないと大量のカビがこびりついていて、カビ臭いニオイを放っていることもしばしば。ひどいとエアコンからカビが飛び出し、空気中にカビが蔓延することもあり危険なのです。

 

しかし、エアコンクリーニングではカビもきれいに洗浄します。定期的にクリーニングをすれば、カビ予防にもなるでしょう。カビがいなくなれば、健康的でニオイのない快適な生活を送ることができるでしょう。喘息持ちの方、アレルギー体質の方がいるご家庭も安心です。

 

お手入れの回数が減る

業者に細部までクリーニングをしてもらっていると、自分でするお手入れがとても楽になります。

 

たとえば、フィルター掃除は月に1回程度の頻度でおこなうのが目安となっていますが、クリーニングをしていれば汚れが溜まりにくくなり、掃除回数を減らすことができるでしょう。掃除について今までよりも気にする必要がなくなり、快適な生活を送ることができます。

 

電気代が下がることも

経済的な負担も減ります。クリーニングをするとホコリなどの空気の流れを妨げる障害が減るため、冷房・暖房ともに効きやすくなるのです。

 

となると、いつもと同じ温度や風量設定でエアコンを稼働させていても、冷暖房の効果が高くなります。同じ電力を使ってより涼しく・温かく感じられるので、結果的にエアコンの使用量が減ります。

 

エアコン内部が汚れている状況では、年間でおよそ2,3割増しの電気代がかかるといわれています。新品のような作業効率を維持するためには、エアコンクリーニングが欠かせません。

 

保証が付いていれば、万が一のときも安心!

業者によってはクリーニング後、数日間の保証を付けてくれる場合があります。クリーニング後に施工が原因で故障や異常が発生したとしても、保証があれば無償で修理に対処してくれるので安心です。

 

業者に依頼すると、自分でクリーニングするよりも万が一のときのリスクがはるかに少ないといえます。ただし、古いエアコン、とくに購入後10年以上がたったエアコンは、クリーニングの保証対象外となる可能性もありますので、確認が必要です。エアコンは劣化する家電であり、10年となるとかなり劣化してきている状況なので、クリーニングによる故障というよりも、もともと壊れかけていたと考えられるためです。

 

お掃除機能の付いたエアコンもクリーニングは必要です

エアコンを使った後などにエアコン自体が自動で掃除をしてくれる、お掃除機能付きエアコン。お手入れがラクになるので人気ですが、お掃除機能があるからといって、クリーニングしなくてもよいというわけではありません。

 

お掃除機能はフィルターなどエアコン内部のホコリをきれいにしてくれますが、そのほかの汚れはきれいにできない場合があります。たとえば油分の汚れ。ダイニングやキッチン近くに設置されているエアコンは、油を吸い取りがちですが、中に入り込んだ油はこびりついて取れないことが少なくありません。

 

お掃除機能付きのエアコンだとしても、フィルターの掃除やその他の部分のクリーニングも、定期的におこなう必要があるのです。

 

 

エアコンクリーニングは自力ではやめたほうがいい2つの理由

エアコンクリーニングは自力ではやめたほうがいい2つの理由

 

フィルターの掃除など、表面に近い部分のお掃除は自分でも定期的にするのはとてもよいことです。しかし、部品を分解するような本格的なクリーニングを、自分でやるのは得策ではありません。

 

「どうしても自分でやりたい」という場合は、リスクを承知のうえでおこないましょう。

 

【理由1】失敗すると高額な修理費用がかかることがある

分解しての掃除を自力でしない方がいい理由の1つは、故障のリスクが高いということです。自分でのクリーニングで失敗して壊れた場合、原因は自分であり、責任はすべて自分に降りかかります。修理費用がかかり、最悪買い替えになることもあるので気を付けましょう。

 

とくに掃除が必要な部分といえばフィルターとファン、そして熱交換器ですが、熱交換器はとくに十分な注意が必要です。洗剤や落とした汚れなど、水分が触れると故障してしまう可能性が高いのです。また、ファンやドレンパンなど内部の部品を一つ一つ取り外すと、どの部品がどの部分に設置されていたのか忘れてしまうこともあります。そうなれば元の状態に戻すことができず、エアコンが使えなくなってしまいます。

 

【理由2】市販のクリーングッズでは効果が薄い?

せっかくクリーニングしても、効果があまり期待できないケースもあります。業者は業者だからこそ用意できる道具や洗剤を使ってピカピカにしてくれますが、自分で用意できる道具は限られています。

 

高圧洗浄機などのカビや汚れへ効果の高い道具は値段が張る上に扱いが難しいので、個人で用意するのは難しいでしょう。代わりに使うとなれば市販の掃除用スプレーなどになりますが、カビ臭さが消えなかったり、奥の奥まで届かなかったりと、完璧な掃除は難しいです。

 

エアコンのクリーニングはプロに任せましょう!

これらの2つの理由から、分解してのエアコンクリーニングは、業者にお任せしたほうが断然よいといえます。

 

とはいえ、クリーニングの料金は安くはありません。「1ヶ月~数ヶ月に一度のフィルター掃除は自分で、年に一度の大掃除では業者にクリーニングしてもらう」といったように、賢く使い分けることをおすすめします。プロに任せるなら、一緒に室外機も掃除してもらうとお得な可能性が高いです。

 

 

エアコンのクリーニングのタイミングはいつすべき?

これまででエアコンクリーニングの大切さをわかっていただけたと思います。となると、気になるのは実施するタイミング。

 

エアコンクリーニングは年に1回おこなうのが理想です。では、どの時期が一番よいのでしょうか?2つの観点から、エアコンクリーニングのベストタイミングについて迫ります。

 

エアコンの状態が気になったとき

エアコンが異常のサインを出してくれているなら、それはすぐにクリーニングすべきという目安です。以下の症状がないか、チェックしてみてください。

 

・ホコリ臭・カビ臭がひどい

・カビがはびこっている

・稼働時の音が異様にうるさい

・稼働させていても部屋が涼しく(温かく)ならない

 

エアコンのクリーニングをオトクにできるのは【春・秋・冬】

季節別にもベストなタイミングを考えてみましょう。「費用を抑えたい!」「すぐに対応してほしい」と考えている方におすすめなのは、冬と秋です。

 

また、5月もおすすめです。引っ越しシーズンが終わって業者も落ち着いていることが多いです。クーラーが必要になる前に掃除しておきましょう。

 

次に秋。9月、10月なら、涼しくなってクーラーの修理依頼が減っているため、すぐに対応してもらえることが多いです。

 

そして大晦日を終えた1月、2月もよいタイミングです。お掃除シーズンが終わったあとなら、予約も取りやすいですし、ひょっとすると値引きされているかもしれません。

 

逆に、大晦日や使用頻度が高い夏場はエアコン業者にとって繁忙期です。そのため、料金設定が高くなっていることが多いといえるでしょう。

 

 

まとめ

定期的におこなうべきエアコンクリーニング。なぜ業者に依頼すべきなのか、そのメリットや依頼するタイミングはわかっていただけたでしょうか?最後に重要なポイントをまとめてみました。一度振り返ってみてください。

 

・内部までピカピカ、カビ予防など、エアコンクリーニングのメリットはたくさんある

・お手入れの頻度が減り、電気代を大幅に節約できる、保証が付くといったこともある

・故障のリスクと効果の薄さといった理由から、自力での分解クリーニングは避けるべき

・汚れやニオイ、騒音、効きが悪いなどの症状があるときはクリーニングすべき

・費用が安くなるのは、夏前・秋・冬の3つの時期

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ〜ン
CM配信中!

私たちが24時間365日サポートいたします

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • みずさわ
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼